脱毛

【初めての脱毛】3分でわかった気になる!脱毛の種類と特徴まとめ

初めての脱毛。どんな種類の脱毛があるか全然分かりませんよね?

でも、難しい話はきらーい

お任せ下さい♪

そんな方のために、このページでは、初心者の方でも3分で分かる、脱毛の種類と特徴をまとめました。

すぐに読めるボリュームです。なんならアニメとか見ながらでもぜんぜん読めます♪

種類と特徴を知っておけば、いざサロンなどを選ぶときに「あ、ここの脱毛は安いやつだ」「こっちは高いけどちゃんと永久脱毛できる方法だ」と自分で判断できるようになりますよ。

ぜひ理想のツルツルお肌を手に入れるための第一歩に、参考にしてみて下さいね^^

3分でわかる!3種類の脱毛と特徴まとめ

脱毛の種類でもっとも有名な方法は、次の3つです。

  1. ニードル脱毛
  2. レーザー脱毛
  3. 光脱毛

レーザーはなんとなく分かるような…でも他のは何?ってなりますよね。私も初め、ニードルってラーメンのこと?って思いましたもん(笑)(それはヌードル)

と言うわけで、簡単に見て行きましょう♪

ちなみに、ちなみに。

  • 美容外科、美容皮膚科などで受けられる「医療脱毛」⇒②レーザー脱毛
  • 脱毛サロンやエステで受けられる「脱毛」⇒③光脱毛

です。①ニードル脱毛を利用することってあんまりないので、①の解説は飛ばしてもいいですよ(笑)

ニードル脱毛

古い方法。ニードル脱毛を受けることはほとんどないので、名前だけ覚えておけば良し(笑)

ニードル脱毛とは?

ニードルとは針のこと。その名の通り、針を毛穴に入れて電流を流すことで、毛乳頭を焼いて破壊します。

破壊された毛穴からは、毛が生えなくなるっていう脱毛法になります。

うわぁ・・・。痛たたた

想像しただけで、痛そうですよね。

はい♪笑 この方法は、メチャクチャ痛い脱毛方法として有名なのです(*/ω\*)

古くからある脱毛技術で、140年程前にアメリカで逆さまつげの治療で用いられたのが始まりです。1980年代頃まで脱毛の主流となっていました。

針を刺す方法ですから、日焼け肌や、ほくろに生えた毛にも施術可能なのが特徴です。

非常に強い痛みを伴う

針を刺すんですから、痛くないわけない!笑

中には痛みのあまり途中で脱毛を断念する人もいるほど。この方法で脱毛するんだったら、麻酔をしてくれるクリニックじゃないと選びたくないです。・・・いたたた。

時間がかかって値段も高い

1本あたり数十秒程度の時間がかかりますので、脱毛したい部位を全て終わらせるのに、かなり時間がかかります。

そして、時間がかかった分だけ値段も高くなっていきます。

ニードル脱毛まとめ
  1. 痛い
  2. 時間がかかる
  3. 料金高い

結論⇒利用しない方が◎

じゃあニードル脱毛は役に立たないかっていうと「部分的に脱毛したり」「白髪の脱毛」をするために利用されます。

ニードル脱毛に関しては、そんな脱毛方法もあったなーくらいでいいですよ♪

 

レーザー脱毛

美容外科、美容皮膚科などで受けられる「医療脱毛」は、ほぼすべてレーザー脱毛だと覚えおきましょう♪

レーザー脱毛とは?

なんとなくイメージできるかもですけど、レーザー脱毛とは、レーザー光線で毛乳頭を焼いて破壊します。レーザーを当てた毛は、1週間くらいで自然と抜け落ちます。

仕組みは、黒色(メラニン色素)だけに反応するレーザー光線。これをぼわーっと脱毛したい部分にあてます。すると、皮膚を通り抜けて、毛の毛乳頭だけを破壊してくれるんです。

痛みの感じ方は人による

だいたいの人は熱くもないし、痛くもない脱毛方法。でもたまに「優しくデコピン」したくらいの痛みを感じたり「痛すぎて耐えられない」くらいの人もいます。

これは、敏感肌だったり、メラニン色素が多い人は痛みを感じることもあるんですね。

時間は短いけど、何度も通う必要あり

レーザーをぼわぁっと広い範囲にあてるので、ニードル脱毛に比べて時間が短く、少ない回数で脱毛できます。

「やった♪レーザー脱毛にしよ♪」

と思った人、ちょっと待って下さい。

レーザー脱毛は、何度も通う必要があります。

それは、毛周期(毛の生え変わる周期)の6~8週間ごとに繰り返し脱毛処理をすることで、全部の毛を処理できるからです。1回やっただけでは、全部の毛に行きとどかないんですね。

あとは、毛周期の中でも特に「成長期」の状態の毛にレーザーを当てないと効果がないので、成長期じゃない毛は、レーザーを当てても普通にまた生えてくるからです。

それら全部にしっかりとレーザー処理するために、何度も繰り返し通うことになると覚えておきましょう。その代わり、しっかり脱毛できますよ。

ニードル脱毛まとめ
  1. 痛くない(痛い人もいる)
  2. 何度も通う
  3. 値段は中くらい

結論⇒時間とお金がかかるけど、ちゃんと脱毛できる

ちなみにレーザー脱毛のデメリット(弱点)は、黒い色に反応するので、ものすごく日焼けしてる人や、ほくろには使えないので覚えておきましょう♪

 

光脱毛

脱毛サロンやエステで受けられる「脱毛」は、ほぼすべて光脱毛だと覚えておいて下さいね♪

光脱毛とは?

光…なんか良さそうなイメージですよね!

簡単に言うと「威力の弱いレーザー脱毛」です。医療機関じゃないエステや脱毛サロンでも使える簡単なレーザーの機械なので、危なくないように出力が弱めなんですね。だから痛くないのが特徴です。

やっぱりよさそう!と思うかもですけど、デメリットもあります。

脱毛結果にばらつきあり

ちょっと残念なのは、うまく脱毛できたりできなかったりすること。理由は、

  1. 光が奥まで届かない⇒毛乳頭まで届かないことがある
  2. 出力が弱い⇒何回もしないと毛が焼けないことがある
  3. やってくれる人が下手な人だと効果がないことも!?

こんな理由のせいです。

ちなみに③は、医療じゃないから、資格がなくても使えるからです。上で紹介したレーザー脱毛は資格がいるから、ちゃんとした人がやってくれるんです。

値段の安さが魅力

ちゃんと脱毛できないかもしれないのに、なんでサロンとかエステが人気なの?

それは、ずばり安いから。やっぱり安い方がいいですよね!それに、バラつきがあると言っても、理屈的には、ちゃんとやってもらえれば脱毛できる方法です。

なので

とりあえず安いサロンとかエステでやってみて、ムリなら本格的なレーザー脱毛の美容外科、美容皮膚科に行こー。

って人が多いです。心づもり的には、サロンやエステで脱毛してもらうなら、

安い料金だし、納得いく脱毛ができないかもしれない、上手に脱毛できたらラッキー

くらいに思っておいた方がいいです(笑)その方が上手く脱毛できなかった時にショックじゃないし(笑)

光脱毛まとめ
  1. 痛くない!
  2. 安い!
  3. でも効果にバラつきあり

結論⇒とりあえずチャレンジ向け!

まとめ

この記事で押さえたいポイント

ニードル脱毛⇒利用しない

  1. 痛い
  2. 時間がかかる
  3. 料金高い

レーザー脱毛⇒時間とお金がかかるけど、ちゃんと脱毛できる
美容外科、美容皮膚科などの「医療脱毛」。

  1. 痛くない(痛い人もいる)
  2. 何度も通う
  3. 値段は中くらい

光脱毛⇒とりあえずチャレンジ向け!
脱毛サロンやエステで受けられる脱毛。

  1. 痛くない!
  2. 安い!
  3. でも効果にバラつきあり

こんな感じです♪これを見て、どこで脱毛してもらおうかなって考えると思うんですけど、個人的には、

  • お金がかかっても確実に脱毛したい⇒美容外科、美容皮膚科(レーザー)
  • まずは安いところでお試し⇒サロン・エステ(光脱毛)

で決めたらいいですよ♪

参考にしてもらえたら嬉しいです。ではでは~。